名水百選

~名水100選~

1985年(昭和60年)3月に環境庁(現・環境省)が選定した全国各地の「名水」とされる100か所の湧水・河川(用水)・地下水である。
名水百選における「名水」とは、「保全状況が良好」で「地域住民等による保全活動がある」ということであり、「そのまま飲める美味しい水」という意味ではなく、飲用には煮沸が必要とされているものもある。
弘法の清水はそのまま飲めるらしいが個人差もあると思いますのであくまで自己責任で。

また2008年(平成20年)6月に環境省が更に全国各地の名水100を選定し(これを平成の名水百選という)、昭和の名水百選とは重複なく合わせて200選となる。
選定にあたっては、各市町村から提出された名水を各都道府県が最大4件推薦し、集まった162件を「平成の名水百選調査検討委員会」が審査した。飲用の適否は考慮されていない。

すべての都道府県からそれぞれ最低1つは選出されている昭和の名水百選とは異なり、平成の名水百選では選出された名水が1つもない
府県もある。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください