弘法大師

~弘法大師~

弘法大師は、宝亀5年 (西暦774)年6月15日、讃岐の国の屏風ケ浦に生まれ、幼名は真魚 (まお)。
両親の佐伯氏はこの地を治めた豪族で、叔父の阿刀大足は桓武天皇の皇子伊予親王の儒学の侍講(師)。
大師は佐伯一族の期待を一身に受け、非常に高い教育を受けていました。

大師は十八歳のときに、大学の明経科の試験に合格して大学博士岡田牛養に春秋左氏伝等を、直講味酒浄成に五経等を学んだのです。明経科は正統儒教を教える学科でした。
しかし大師の心は仏教に傾き、大学を中途退学し、大自然の懐で最高の覚りを求め仏道修行をはじめました。
大師は山岳で苦行練行する近士(ウバソク)として虚空蔵求聞持法を行い、自然の中に宇宙の生命と交流し、大日如来と入我我入し、仏教の真髄を極めようとしたのでした。

その後大師は、奈良の諸寺院で仏教研鑽を積まれました。

大師は三十歳の時に大和の久米寺の東塔の下に大日経を発見されました。
しかし、密経の精要である大日経を探し当てたものの、真言独特の象徴や梵字などのためにその意味するところを理解するのが容易でないから、遂に入唐求法の志をおこし、延暦二十三年(八〇四)大師は朝廷から入唐留学を命じられました。

大師空海は三十一歳無名の僧でしたが、古来日本からの入唐留学生は多かったが、インドの阿闍梨に教をうけたのは大師だけであり、大師はサンスクリット語および悉曇書についても教えられました。

そして大師は帰朝し、すぐ京都に行かずに筑紫や、和泉で滞在し翌年朝廷に召されて入京されました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください