鎌倉・江ノ島七福神巡り(宝戒寺)

~宝戒寺~

1333年北条市滅亡後その霊を弔う為、後醍醐天皇の命を受けた足利尊氏によって、当時小町邸と呼ばれ北条市歴代執権屋敷跡である地に北条高時の慰霊のため、後醍醐天皇が建立した。
本尊は地蔵菩薩。秋には萩(ハギ)の名所として知られ、「萩の寺」とも呼ばれる。

毘沙門天

インド神話の財宝神クベーラを前身とする。四天王の一尊に数えられる武神であり、四天王では多聞天として表わされる。
室町時代末期には日本独自の信仰として七福神の一尊とされ、江戸時代以降は特に勝負事に利益ありとして崇められる。

鎌倉・江ノ島七福神巡り(鶴岡八幡宮)

浄智寺を出ると鶴岡八幡宮まで約1200mはゆるjogで!
建長寺過ぎてトンネルまではやや上り坂だが、トンネル過ぎれば楽々下り坂です。
それから少し行けばもう鶴岡八幡宮!

お正月いっぱいだった鶴岡八幡宮もさすがに空いてました。

そしていよいよ二人目の七福神へ!
ここは女性の神弁財天さん。
明治の神仏分離令までは本殿に安置されてたが、今は国宝館に保存されているとの事でここはお参りのみです。
ここの裏に回ると・・・
源頼朝が北条政子の安産を祈ったと言われる政子石があります。

次は直ぐ先の宝戒寺へ。
の前にここまで来たらやはり紅谷のクルミっ子食べなきゃ!

鎌倉・江ノ島七福神巡り(浄智寺)

2017年1月11日(水)快晴
北鎌倉駅 9時~9時15分集合

コースは北鎌倉駅⇒浄智寺⇒鶴岡八幡宮⇒宝戒寺⇒妙隆寺⇒本覚寺⇒長谷寺⇒御霊神社⇒長谷駅(江ノ電)⇒江ノ島駅⇒江島神社

まずは北鎌倉駅から浄智寺へ400m程のんびりjogですぐです。
拝観料は200円。

さて最初の七福神に会いに行きます。

と、その前にご本尊様(阿弥陀如来・釈迦如来・弥勒如来)にご挨拶。
本堂から裏へ回ると観音菩薩立像がいます。

更に進むと井戸がありました。でも沸かさないと飲めないらしいです。

そしていよいよ最初の七福神、布袋尊様。中国(唐の時代)の禅僧で七福神の中で唯一実在した方との事です。

布袋尊様は、大きくふくれたお腹で、いつも手に杖を持ち、大きな布袋を背負い、お布施を受けた物は何でも袋の中に入れて歩いていたとの事。で、布の袋から布袋という名がついたらしいです。
お腹をさすると元気がもらえるとの事で元気もらいました!

次は鶴岡八幡宮まで約1200m。

河津桜

毎月第一第三月曜日は藤沢引地川親水公園でのんびりjog
今日は少し風が冷たく日中でも動いてないと冷えました。
そんな中いよいよ河津桜が咲き始めています!

まだまだ冬ですが、春も粛々と進んでいます。
梅も順調で、あとは菜の花も見てみたいですね!